福島の子供を守れ

.

Thyroid cancers – The inconvenient truth


Thyroid cancers in Fukushima

012

 

  • In September 2012, the first case of thyroid cancer was diagnosed in a child out of 38 000 children.

Conclusion by Pr. Suzuki of the infamous Fukushima Medical University; « not related to the nuclear accident. It took 5 yrs in Chernobyl to see an increase in thyroid cancers » »

 

2013-02-28T145346Z_1220174785_GM1E92S1QWQ01_RTRMADP_3_JAPAN-NUCLEAR-CANCER_0

 

  • In February, new tests showed that 2 more children aged 18 and younger also were diagnosed with thyroid cancer. 7 more patients (guinea pigs) were suspected to have contracted similar form of the disease and that further testing was needed.

Note; 15 yrs old is the average age of those ten people, with seven being female. 

Conclusion by Pr. Suzuki of the infamous Fukushima Medical University; « not related to the nuclear accident. It took 5 yrs in Chernobyl to see an increase in thyroid cancers »

 

ThyroidTest

 

  • In May 2013, 9 more thyroid cancers were detected in children, bringing the number of cases to 12. 15 more patients (guinea pigs) are thought to also have contracted this form of the disease. The numbers were released as part of an ongoing investigation by the Fukushima Prefecture Board of Health.The investigation has examined about 174,000 adults and children from towns surrounding the crippled plant.

Conclusion by Pr. Suzuki of the infamous Fukushima Medical University; « not related to the nuclear accident. It took 5 yrs in Chernobyl to see an increase in thyroid cancers »

 

 

Among those aged 10 to 14 in Japan, thyroid cancer strikes about 1 to 2 in a million. That is prior 311. We are only 2 and a half years removed from the explosions in Daiichi.

The ongoing conclusion by Pr; Shinichi Suzuki and Dr. Shuinichi Yamashita on this increase in thyroid cancers stands with inaccurate or incomplete researches post Chernobyl. But there was no real official surveys made before early 90′s when former President Gorbatchev was forced to answer to the international community about the effects of radiation exposure and fall out of the 1986 nuclear catastrophe.

If we follow Suzuki and Yamashita’s logic, it would imply that children in Fukushima are getting sicker, quicker than in Chernobyl. I trust that these two clowns will quickly stop referring to early Chernobyl’s studies.

We can assume today that there are more cases than the Board of Health investigation has claimed due to weaknesses in their methodology, such as not accounting for migration, shady thyroid tests results and not bringing children with small nodules in to be reexamined.  i.e  Towns like Iwaki shi which is not included in the survey.

These surveys focus mostly on thyroid examinations. Unfortunately, many more cancers and other diseases could potentially be associated to this crisis in the near future (if it has not already). Only time will tell us how bad this situation will get. In the meantime, the children of Fukushima and Japan have become guinea pigs to a gang of selfish, greedy, corrupted to the bones, irresponsible mad men.

 

weiss-wolfgang-hypocrit

 

Last month, U.N. scientists and the criminally insane UNSCEAR  assessing the health impact of the Fukushima nuclear crisis said the radiation dose for residents in the region was much lower than Chernobyl and that they do not expect to see any increase in cancer in the future.

We implore you to help ! At least, please stay informed ! Thank you.

 

thyroid-cancer-awareness-month

 

Nelson   Live from Lalaland !

 

Below are data collected by Satoru Kobayakawa

◆福島子ども調査:甲状腺がん12人に 2月より9人増
(毎日新聞 2013年06月05日 07時18分)

東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の県民健康管理調査で、18歳以下で甲状腺がんの診断が「確定」した人が9人増え12人に、「がんの疑い」は15人になったことが4日、関係者への取材で分かった。

これまで1次検査の結果が確定した約17万4000人の内訳。5日に福島市で開く検討委員会で報告される。検討委の2月までの調査報告では、がん確定は3人、疑いは7人だった。

これまで調査主体の福島県立医大は、チェルノブイリ原発事故によるがんが見つかったのが、事故の4〜5年後以降だったとして「放射線の影響は考えられない」と説明している。(共同)

http://mainichi.jp/select/news/20130605k0000e040174000c.html

◆甲状腺がん「確定」12人に 福島18歳以下、疑いは15人
(2013年6月5日 14時35分 東京新聞)

東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の「県民健康管理調査」の検討委員会が5日、福島市で開かれ、甲状腺がんと診断が「確定」した人は前回2月から9人増え12人に、「がんの疑い」は15人になったとの結果が報告された。

甲状腺検査は、震災当時18歳以下の約36万人が対象。これまで1次検査の結果が確定した約17万4千人の内訳を、調査主体の福島県立医大が説明した。

前回2月の検討委では、がん確定は3人、疑いは7人だった。

検討委の星北斗座長は、記者会見で「現時点では放射線の影響を明らかに示すものではないと理解している」と述べた。
(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013060401002544.html

◆甲状腺がん12人・悪性疑い15人〜福島県調査
(06/04/2013 – 11:56 ourplanet )から抜粋

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=DaUJ6LOOYjM

東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県民健康管理調査で5日、県の検討会が開かれ、事故当時18歳以下だった子どもの甲状腺がんが、手術によって新たに9人「確定」し12人にとなった。また、細胞診で「悪性」または「悪性疑い」と診断された人は15人に増えた。

【新座長は星北斗医師、副座長に清水修二福島大学教授】
福島県民健康調査の検討委員会は2011年5月から開催され、今回で11回目となる。「秘密会」の開催や、実施主体である福島県立医科大の関係者が多数含まれていることに批判が集まり、前回2月13日に開催された第10回検討会を最後に、福島県立医大の山下俊一副学長が座長から退任。

今回より委員が大幅に刷新された。検討委員会では、冒頭に座長の互選を行い、山下氏の後任として、福島県医師会の星北斗常任理事が座長に選ばれた。また副座長には、福島大学の清水修二教授が選任された。

検討委員会では、県民全てを対象に実施している 基本調査のほか、事故当時18歳以下だった子どもに実施している「甲状腺検査」、避難区域などの住民に実施している「健康診査」と「こころの健康度・生活習慣に関する調査」。更に「妊産婦に関する調査」について報告が行われ、委員による検討が行われた。

【甲状腺がん新たに9人、疑い15人】
今回も注目を集めたのは甲状腺検査。福島県立医大県民健康管理センターの甲状腺検査部門長・鈴木眞一教授が説明に立ち、主に平成23年度と24年度に実施した検査の結果を報告した。

それによると、平成23年と24年に1次検査受診したのは、それぞれ399,193人、133,787人で、そのうち、2次検査を終了した計543(H23年160人、H24年383人)のうち、5月27日までに227人(H23年82人、H24年145人)に細胞診を実施。28人が悪性または悪性の疑いと診断された。

更にこのうち、13人が手術を終え、12人が甲状腺がんが確定したとの診断結果が公表された。前回では、甲状腺がんの確定診断例が3例、悪性疑い7例と報告されていた。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node%2F1594




9 thoughts on “Thyroid cancers – The inconvenient truth

Laisser un commentaire